固定ページ

Links:

沢山あるベビー服の種類

昨年子供が生まれ、ベビー服を用意したのですが、種類が沢山あり驚きました。新生児のベビー服のサイズは50センチです。しかし私の子供は標準より小さく、50センチでもぶかぶかでした。夏生まれだったのでほとんど肌着のみで過ごしていました。新生児の肌着は短肌着と長肌着とコンビ肌着があります。これを気温に合わせ、組み合わせて着ます。短肌着は裾がお腹までの長さの肌着で、長肌着は裾が足まであります。コンビ肌着は足の部分にスナップが付いています。いずれも前開きになっており、紐で縛るものやマジックテープでとめるものがあります。素材は綿100パーセントで、肌触りが良いものの方が刺激がすくなくて良いです。夏生まれで沢山汗をかき、こまめに着替える為、私は短肌着とコンビ肌着、各6枚ずつほど用意しました。ただ、新生児は身長がすぐ伸びるので、2か月後くらいにはサイズアウトしてしまいます。

なので、用意しすぎると着せずに終わってしまうこともあるので注意が必要です。サイズが大きくなったら、肌着の上にカバーオールや2WAYオールを着ます。上下が1枚につながっており、前をスナップでとめ、足が動きやすいように2股に分かれ、足の部分もスナップでとめられる様になっています。このくらいになるとかわいいデザインのベビー服が沢山あり、選ぶのも、子供に着せるのもより一層楽しくなります。今はベビー服専門のお店が本当に沢山あるので、いろいろなデザインのベビー服が手に入ります。寒い季節であれば、長袖の肌着や上着、靴下や帽子、ベストなどの防寒グッズも必要になります。暖かいもこもこした素材でできているベビー服もあります。首がすわれば、上下に分かれた服を着せることができます。肌着もかぶりの物を着せられます。昼夜の区別をつけさせるためにパジャマも用意します。これで大人と同じような洋服の着方になります。一般的なサイズの目安としては、0か月から2か月で50センチ、3か月から5か月では60センチになります。6か月から11か月では70センチ、1歳から1歳半では80センチ、1歳半から2歳では90センチとなりますが、個人差がかなりありますので、子供の成長に合わせて変えていきます。

子供の洋服は可愛いものが本当に沢山あり、選ぶのが楽しいです。自分の洋服は後回しになってしまう程です。これからは、着られなくなってしまった洋服の使い道も考えていきたいです。