固定ページ

Links:

ベビー服は最初は大きいほうがいいです。

私は昨年初めて子供を産みました。最初子供が出来た時は、本当に驚いてしまって、どうしようかと思っていたのですが、子供を授かったことに対して本当に授かって良かったと思っておりました。妊娠してから、子供に対する知識がまったくなかったため、何から何を準備してよいやらまったくわからないでおりました。子供が産まれる時期がなんと非常に寒い1月だったので、モコモコのベビー服が必要ではないかと思い始めました。まず最初に赤ちゃんが産院から出るときに必要なおくるみなどを揃えることにしました。おくるみも、この寒い時期だとボアタイプの温かいものがいいだろうと言うことで、非常に分厚いおくるみを用意することにしました。おくりみは非常に暖かかったのですが、あまりにも分厚つすぎて、赤ちゃんの顔が見えなくなってしまうぐらいになってしまいました。

それから生まれて1ヶ月ぐらいするまでに、赤ちゃんの衣類を何とか揃えようということになりました。折しも生まれた時は、大寒波が何度も到来しまして、赤ちゃんにも負担がかかってはいけないと思って、たくさんのベビー服を揃えることにしました。まず最初に赤ちゃんに着させる肌着から、上に切るロンパースタイプの洋服、そしてこれでも寒いと思って、上に上着みたいなものを着させ、そして毛布などをかぶせて寝させることにしました。そしたら、なんと汗もが非常に出来てしまったのです。冬にもこんなにたくさんの汗もが出来るなんてとびっくりしてしまったのですが、汗もがこんなに出来たのは、ベビー服を着させ過ぎですよと育児相談室の人に言われてしまいました。ベビー服はたくさん着させればいいわけではないことがわかりました。赤ちゃんは大人よりも体温が1℃ぐらいは高いので、大人の体温に合わせて洋服を着させすぎると、暑すぎるということがわかりました。それからは赤ちゃんの顔色を見ながら体温調節をすることにしました。ベビー服もたくさんの種類があって、どれを買っていいかわからなくなってしまいますが、赤ちゃんの成長は思っより、非常に早いので、あまり可愛いからといって、たくさん買い過ぎると、すぐに着られなくなってしまいますので、買う時は、ワンサイズ大きいものを買った方がいいかもしれません。

私も冬が過ぎたら、大量の小さいサイズのベビー服だらけになってしまいましたので、夏はもっと長く着られるように大きなサイズを買うようにしたいと思っています。