固定ページ

Links:

はじめてのベビー服選び

子供のいない方にはなかなか縁遠いベビー服。わたしも未婚の頃には出産祝いでもなければ買いに行ったりしませんでしたし、お祝いで買うからには値段や品質をあまり気にしたりもしませんでした。自分が妊娠して、出産準備のためにベビー服を買ってはじめて気づくことがいろいろとありました。まずは価格について、ピンからキリまでありますが、高いものではブランドでなくても5千円以上するものも多々あるのです。正直、かなりのカルチャーショックでした。逆にものすごく安いものもあり、わたしなどはそちらにかなりお世話になりました。次に品質、特に肌着に関してはデリケートな赤ちゃんの肌に刺激を与えないオーガニックコットン100%や無撚糸・ガーゼなどといった素材から、普通の綿フライスまでまちまちです。私は綿フライスが安くて扱いやすく、吸湿性も程よく肌あたりも柔らかくて好きなので利用していましたが、知人の中にはガーゼ素材が好きでそろえたという人もいました。

どんなに親が良かれと考えて購入しても、赤ちゃん自身の肌質や好みによって合わない場合もありますから、何を買うにしろ初回は少なめに購入することをおススメします。さらにサイズについても、メーカーによってかなり違いがあります。新生児のベビー服は60センチくらいが標準なのですが、やたら大きくて長く使えるものもあれば、間もなくで腕や足がにょっきりと出てしまうものもありました。こればかりは購入時にはわからないので、着せてみて初めてわかるということになると思いますが、新生児に着せるのであれば少し大きくても良いと思います。わたしの経験から言うと、新生児は寝返りもできないわけですから、少しくらい服が大きくても動きづらいということはないようですし、夏ならまだしも冬の寒い時期に手足がにょきっと出てしまうよりは少し長いほうが良いと思うのです。さらにデザインについてなのですが、新生児であればあまり動き回らないので紐で結んで前を留めるタイプでも構わないのですが、寝返りが上手になったり、はいはいなどで動き回るようになってからはホック式の着衣の方がより良いと思います。わたしの子供はやたらと元気が良く、片時もおとなしくしていてくれなかったので、紐で結んでいる余裕など全くありませんでした。

小さくて見ているだけでもかわいいベビー服、成長に合わせてすぐに着られなくなってしまいますが、赤ちゃんに負担のかからないものを選んであげたいものです。